こんにちは、ハルジオンです。

スマートフォンが登場して数年が経ちました。

iPhoneアプリの販売サイトである「AppStore」では
アプリの累計ダウンロード数が500億回を越えたそうです。

1秒間に800回ダウンロードされているペースだとか。
すごいですね。

確かにアプリは面白いです。
スマホがあればいくらでも暇つぶし出来ますね。

そんな感じで、AppStoreには全世界から
日々多くのユーザが訪れています。

では、アプリの開発側はというと
実はまだまだ参入者は少ないんです。

アプリの数はどんどん増えてはいますが
同じ人が何本もリリースしていたりするので
まだまだブルーオーシャンです。

なぜかと言うと、

その理由の一つは、やはり
Macが必要なことじゃないかなと思います。

プログラマーってWindows畑の人がほとんどなので、
僕の周りにいるプログラマー達も
「iPhoneアプリは作ってみたいけど、
 Macを買ってまではチョット・・・」とか言っています。

こんな状態なので、
むしろ初心者の人のほうが参入者が多いくらいです。

でも、初心者の場合は意欲はあっても
途中で挫折してしまって、アプリのリリースまで
行き着かない、というケースも多いです。

iPhoneアプリの勉強をしている人は多くいますが、
実際に1本でもリリースしている人は
その中のほんの数%とのこと。

だからその数%に入れれば
今からでも全然遅くないんです。

チャンスはまだまだありますよ!

じゃあ、いつやるの??

「今でしょ!」(古っ!)

それでまた!(笑)

こんにちは、ハルジオンです。

iPhoneアプリ開発を僕が直接レクチャーする
「iPhoneアプリ開発講座」。
http://xn--iphone-uo4e6oqfp797b208bwzvcom2a.com/lp/

講座の受講費用は21,600円のみです。

ただし、MacとAppleDeveloper登録料(年間88ドル)は
別途必要なのでご準備下さい。

毎回、メールで課題とレクチャーを送ります。

メール講座は毎日実践しても良いですし、
週末など時間があるときにカフェなどでMacBookを開いて
優雅にアプリ開発、なんてのも良いですね。

興味があればご検討下さい。

それではまた!

こんにちは、ハルジオンです。

スマホアプリを開発する際、そのスマホの実機は必要かどうか
という質問を受けました。

回答は「無くても可能だが、出来ればあったほうが良い」です。

開発自体は、PC上で動く実機シミュレーターがあるので
ある程度は動きの確認がとれます。

そして、そのままリリース用として提出することも出来ます。

しかし、実機で動かすと発生するバグなども多々あるので、
出来れば検証用にあったほうが良いです。

なにより、自分も1ユーザーとして
自分のアプリのファンになることが
ヒットするアプリの第1歩なので
そういった意味でも実機は持っていたほうが良いですね。

それではまた。

こんにちは、ハルジオンです。

iPhoneアプリ開発講座、開講しました。

詳しくはコチラをご覧下さい。
http://xn--iphone-uo4e6oqfp797b208bwzvcom2a.com/lp/

既に多くの方にご参加頂いています。
ありがとうございます!

1期生の方々は既にiPhoneアプリをリリースしていますね。

受講生の方のアプリもこのブログでも
その内紹介していけたらと思います。

それではまた!

こんにちは、ハルジオンです。

iPhoneアプリの開発を行うためのMacについては、
IntelベースのCPUが採用されているモデルが必要となります。

【補足情報】——————————————
コンピューターの頭脳である「CPU」について、
Macは、昔はPowerPCという独自のCPUを採用していましたが、
2006年あたりから、WindowsパソコンのCPUにも使われている
IntelのCPUを採用するようになりました。

iPhoneアプリを開発するためのソフト「iOS SDK」は
このIntelベースのCPUが採用されているMacにのみ
対応しているのです。
——————————————————

Macを購入する際、
CPUの欄に「Intel」という記載があればOKです。

もう1点、MacのOSのバージョンについては
Mavericks以降が動作している必要があります。

MacのOSって、Windowsみたいに(95とか2007とか)
数字じゃないので分かりづらいですよね。
毎回、猫科の動物の名前が付けられています。

最新型であれば問題ないですが、
中古品を購入する場合は、上記の点にご注意下さいね。

それではまた。

こんにちは、ハルジオンです。

iPhoneアプリ開発講座、盛り上がっています!!

予想より多くの参加者が集まったため、
ちょっとサポートに時間がかかっています。

すみません、順に回答していきますので
少々お待ち下さいね。

1期生の方々は、もうすくAppStoreリリースですね。

自分のアプリが全世界に向けてリリースされるなんて
ワクワクしませんか!?

リリース後、多くのユーザーにダウンロードされると思います。
覚悟しておいて下さいね(笑)

iPhoneアプリ開発講座はこちら
http://xn--iphone-uo4e6oqfp797b208bwzvcom2a.com/lp/

それではまた!

こんにちは、ハルジオンです。

初心者が最初に作るべきiPhoneアプリって何がよいのでしょうか。

自分が欲しいアプリ、作りたいアプリを作るのが1番ですが
あまり高機能なものだと、初めてでは敷居が高いです。

ですので、シンプルかつ、オリジナリティがあるものが良いでしょう。

例えばこんな感じです。

カルトムッタ
https://itunes.apple.com/jp/app/id590342825

これは、某人気漫画のクイズアプリです。
結構カルトな問題を揃えており
ファンの間で人気になっています。

このアプリは、問題が出題され
回答を4つの選択肢から選択するだけ。

そして、最終的に正解数をカウントして表示する。

基本的にはそれだけのアプリです。

とてもシンプルですよね。
しかし、ユーザにはうけます。

そして、問題とテーマを変えれば
いくらでもオリジナルのアプリが作れますね。

このように、シンプルでも
オリジナリティの出しやすいアプリが良いです。

このようなアプリを最初は作ってみましょう。

ちなみに、iPhoneアプリ開発講座では
こういったアプリを題材に教えていきます。

興味があれば、是非ご参加下さい。

それではまた!

こんにちは、ハルジオンです。

iphoneアプリ開発は以下のような流れで進めます。

1.下準備(Mac/AppleDeverloper登録)
 ↓
2.アプリの企画
 ↓
3.画面の作成
 ↓
4.機能のプログラミング
 ↓
5.動作テスト
 ↓
6.実機テスト
 ↓
7.Appleに審査依頼
 ↓
8.AppStoreにてリリース

詳しくはこちらの記事もご参照下さい。
http://xn--iphone-uo4e6oqfp797b208bwzvcom2a.com/?p=53

それではまた!

こんにちは、ハルジオンです。

iPhoneアプリ開発にはIntelのCPUが搭載された
Macが必要です。

最近の型はどれもIntelですが、
中古などで購入される場合はご注意下さい。

予算に余裕がないようであれば
Mac miniがオススメです。
僕もサブPCとして使っています。

・Mac mini
 ⇒これはデスクトップ型のMacですが、
  モニターは別売りになります。その分安いですね。

・iMac
 ⇒僕は自宅ではこちらを使っています。
  超大画面で、作業がはかどります。
  デスクトップが良い場合は、これが良いと思います。

・Mac Pro
 ⇒これは完全に業務仕様です。
  映像系や音楽系など、高スペックが要求される業務で
  使われているモデルですね。

Appleのオフィシャルストアである
「Apple Store」で買うのがよいと思いますが、
http://store.apple.com/jp/browse/home/shop_mac/

Amazonでも購入可能です。
http://www.amazon.co.jp/s/?_encoding=UTF8&bbn=2151981051&camp=247&creative=1211&linkCode=ur2&page=1&pf_rd_i=2151981051&pf_rd_m=AN1VRQENFRJN5&pf_rd_p=109394029&pf_rd_r=9D647D76345E43A5B1C5&pf_rd_s=merchandised-search-1&pf_rd_t=101&rh=n%3A2127209051%2Cn%3A!2127210051%2Cn%3A2151981051%2Cp_4%3A%E3%82%A2%E3%83%83%E3%83%97%E3%83%AB&tag=tkt-22

それではまた!

こんにちは、ハルジオンです。

ご存知の通り、iPhoneアプリ開発にはMacが必要です。

IntelのCPUが搭載されているモデルであれば
どのMacでも大丈夫です。

最近の型はどれもIntelですが、
中古などで購入される場合はご注意下さい。

予算に余裕があるようであれば、
ノートPCのほうが、持ち運びも出来て利便性がありますね。

・MacBook Air
 ⇒超薄型のMacノートです。
  スタイリッシュに持ち運びたいならこれがオススメ。
  僕も使っています。
  ただし、薄型な分、DVDドライブが無かったり、
  スペックが若干下がったりというデメリットもあります。
  薄型に興味がなければ、以下のMacBookProのほうがオススメです。

・MacBook Pro
 ⇒僕の周りの、プロのデザイナーの方々が
  業務で利用しています。幅広く使えるスペックです。
  それほど値段も変わらないので、Airのカッコよさに
  そんなに興味がなければ、こっちのほうがオススメです。

Appleのオフィシャルストアである
「Apple Store」で買うのがよいと思いますが、
http://store.apple.com/jp/browse/home/shop_mac/

Amazonでも購入可能です。
http://www.amazon.co.jp/s/?_encoding=UTF8&bbn=2151981051&camp=247&creative=1211&linkCode=ur2&page=1&pf_rd_i=2151981051&pf_rd_m=AN1VRQENFRJN5&pf_rd_p=109394029&pf_rd_r=9D647D76345E43A5B1C5&pf_rd_s=merchandised-search-1&pf_rd_t=101&rh=n%3A2127209051%2Cn%3A!2127210051%2Cn%3A2151981051%2Cp_4%3A%E3%82%A2%E3%83%83%E3%83%97%E3%83%AB&tag=tkt-22

それではまた!