こんにちは、ハルジオンです。

アプリ制作は初心者には難しいと思われているようですが
そんなこと全然ないですよ。

まったくの知識ゼロの初心者が
アプリ制作を覚える最速の方法ってご存知ですか?

僕自身も、書籍を買ってきたり、ネットで学んだり
スクールに通ったり、色々な方法を経験しました。

その経験から得たの答えは、

「まず作ってみる」

です。

これが、1番覚えが早いし
何より楽しいのでモチベーションが持続します。
多くの生徒で実証済みなので間違いありません。

ですから、僕の教えるiPhoneアプリ講座では

初めからif文とか、変数とか
難しいことは説明しません。

それよりも、まるでプラモデルを作っているかのごとく
iPhoneアプリを実際に作っていきます。
(もちろん、進める上で必要な知識はその都度レクチャーします)

そして、実際にいきなりiPhoneアプリをリリースしてしまうのです。

自分の作ったiPhoneアプリがAppStoreで全世界に配信される。
それを見ると、

「もっとこうしたい」
「こういう機能を付けたい」

そんな願望もふつふつと芽生えてきます。

細かい知識なんて、それからで十分間に合います。

僕の講座はこんな感じで進めています。

きっと楽しいですよ^^

それではまた。

こんにちは、ハルジオンです。

自分で作成したiPhoneアプリは
AppStoreというサイトで販売されます。

逆に言うと、iPhone/iPadアプリは
AppStore以外では販売できないのです。

ですので、必ずAppleの審査を通す必要があります。

昔のiアプリのように、いわゆる「勝手アプリ」は
不可能ということですね。

だからこそアプリ全体の品質が守られているということですが、
それが障壁の1つにもなっているのだと思います。

Appleから審査NGの通達が来ると
結構ヘコみますので^^;

まぁでも、指摘された点を解消すれば
必ず審査にも通るので、諦めないようにしましょうね。

それではまた。

こんにちは、ハルジオンです。

iPhoneアプリを作る際に使うプログラミング言語が
「Objective-C」です。

オブジェクティブ シー と読みます。

「C」と名前についている通り
C言語の一種です。

Objective-Cでは、ヘッダーファイル(拡張子が.h)と
メインファイル(拡張子が.m)の2組で構成されます。

ヘッダーファイルには、そのソースファイルの説明部分(定義と言います)
メインファイルには、具体的な処理部分(実装と言います)

を書いていく方式です。

プログラミング言語というのは、方言のようなもので
それぞれの派生ごとにクセがあります。

でも、プログラミングの基本的な考え方は
どの言語でもあまり変わらないので
1つ覚えてしまえば、他の言語もスムーズに覚えていくことが出来るのです。

それではまた!

こんにちは、ハルジオンです。

iPhoneアプリ開発を行う上で必要になるソフト「XCode」。

このXCodeというのは、統合開発環境(IDE)と総称されるものの1つで
アプリの画面を作ったり、ソースコードを記述したり、
シミュレーターで実行したり、デバッグしたり、といったことが
ひとまとめに行えます。

昔は、アプリを作るとなると
それぞれにソフトが必要でした。

ソースコードを記述する「エディタ」

実行する「シミュレータ」

デバッグする「デバッガ」

といった具合です。

XCodeを始めとするIDEではこれを一元的に行うことが出来ます。
そのため「統合開発環境」と呼ばれているのですね。

XCode以外に有名なIDEとしては
「Eclipse(エクリプス)」がありますね。

iPhone/iPadアプリの開発は、
このXCodeを使って行っていくわけです。

それではまた!

こんにちは、ハルジオンです。

iPhoneアプリの開発を始めるためには以下が必要です。

・Mac本体(デスクトップでもノートでも可)IntelCPUのもの
・AppleDeveloperライセンス(年間88ドル)
・XCode(無料)、iOS SDK(無料)

もし、既にMacを持っているなら
環境の準備にはそれほど時間は掛からないでしょう。

XCodeとiOSSDKはAppleから無償でダウンロードできます。

まずはこれらの環境を揃えるところから始めましょう。

それではまた!

こんにちは、ハルジオンです。

多くのご要望にお応えし、
「iPhoneアプリ開発講座」をリリースしました。

僕は常々、初心者の方がアプリ開発スキルを身につけるためには
どのような方法が最適で最速か、ということを考えていました。

以前、プログラマーとして働いていた職場では
新人プログラマーの教育を担当していたことから、
「より早く、一人前のスキルに到達するにはどういったことを
 教えていけばよいか」
ということを肌で実感していました。

そういった経験を踏まえ、
知識ゼロの状態から、自分のiPhoneアプリをリリースできるようになるまで
1からレクチャーしていくオンライン講座を開講しました。

それが、【ハルジオン式】iPhoneアプリ開発講座です。

自宅でカリキュラムに沿って1日1ステップずつ進めていくだけで、
2週間後には自分のiPhoneアプリがリリースできるレベルになります。

詳細はこちらをご参照下さい。
http://xn--iphone-uo4e6oqfp797b208bwzvcom2a.com/lp/

それではまた!

結論から言います。

iPhoneアプリ(iPad/iPodも含む)の開発にはMacは必須です。

簡単なアプリであればWindowsでも作る方法があるのですが。

iPhoneアプリ開発をWindowsで行う方法のまとめはコチラ↓
http://xn--iphone-uo4e6oqfp797b208bwzvcom2a.com/?p=59

これらの方法は、基本的にHTMLやJavaScriptを使ったアプリで
いわゆるWebアプリとなります。

それをiPhoneのWebブラウザ機能を使って動かしているに過ぎません。

しかしiPhoneアプリの本領は、
iPhoneの機能を有効に使っていくことで発揮されます。

例えば、電話帳とか音楽再生とかGPSとか加速度センサーとかを使ったアプリは
上記の方法では作ることが出来ないのです。

幅広いアプリを開発していくのであれば
初めからMacで開発したほうが近道となるでしょう。

それではまた!

こんにちは、ハルジオンです。

WindowsでiPhoneアプリ開発というと、
Adobe Flash Builderが有名ですが
最近ではWeb上でiPhoneアプリの開発が行えるサービスが出てきたようです。

いくつかご紹介します。

まずはこれ。「appery.io」
http://appery.io/

出来ることはFlashBuilderと大差なさそうですが
全てブラウザ上で開発出来てしまうというのが画期的ですね。

ただ、上の動画を見て分かる通り
結構難解ですね・・。(全部英語ということもありますが^^;)

普通にXCodeで作っていったほうがずっと簡単そうです。

もう一つ。「AppArchitect」
http://www.apparchitect.com/

こっちも同じようにドラッグ&ドロップでアプリが作れるようですね。

僕もまだ実際には使ったわけではないので
そのうち、検証してみようと思っています。

それではまた!

こんにちは、ハルジオンです。

「iPhoneアプリの開発ってWindowsでも出来るんですか?」

この質問、とても多いです。

・FlashBuilderを使う
・VMWare等でMacをエミュレートする
・iPhoneアプリ開発が出来るWebサービスを使う

一応、上記のような方法があるにはあるのですが。

僕の経験上、無難にMacを購入するのが一番だと思います。

ライセンス的な問題もありますし、
そもそも上記の方法は、やっている人が少ない分
情報がとても少ないので
何か壁にぶつかると中々解決できません。

そんな時間を費やすことを考えれば
初期段階でMacを購入してしまって、
基本をしっかりと押さえて進めていくほうが良いですよ!

WindowsでのiPhoneアプリ開発(FlashBuilder)については
以下の記事もご参考にして下さい。
http://xn--iphone-uo4e6oqfp797b208bwzvcom2a.com/?p=45

iPhoneアプリ開発が出来るWebサービスについてはこちら。
http://xn--iphone-uo4e6oqfp797b208bwzvcom2a.com/?p=63

それではまた!