iPhoneアプリ開発で稼ぐ仕組みとは?(アプリの広告で稼ぐ)

こんにちは、ハルジオンです。

前回は「アプリの販売で稼ぐ」という方法をお伝えしました。

前回の記事はこちら
http://xn--iphone-uo4e6oqfp797b208bwzvcom2a.com/?p=39

今回は、2つ目の
「広告収入で稼ぐ」という方法をお伝えします。

あなたの作ったアプリの画面内には、
広告を貼ることが出来ます。

そしてその広告がクリックされると、
クリックされる度に数円から数十円の収入が発生します。

アプリの販売価格自体は無料にして、
広告クリックで稼ぐ、という方法ですね。

アプリが無料な分、ダウンロード数が上がって
ユーザー数も増えるので
広告がクリックされやすくなります。

ブログにAdsense広告を貼る、という方法と同じ仕組みですが
ブログの場合は自分でアクセスを集めなければいけませんが
アプリの場合はAPPStoreに掲載されるので
放っておくだけである程度ユーザーが集まる
というメリットがあります。

色々なアプリを見ていると、アプリ内広告は、
「さりげなく貼る」タイプ
「わざと間違えて押させるように貼る」タイプ
という風に開発者によって分かれますが、

僕は「さりげなく貼る」ほうが良いと思います。

1番の目的は「ユーザーに楽しくアプリを使ってもらう」
ことであるべきですから。

押したくもないのに広告を押させられると
ちょっとイラッとしますよね^^;

さりげなく貼っていても、良い広告はちゃんと押されますから。

アプリを楽しんでもらえれば、起動回数も増えますし
自分の他のアプリもダウンロードしてもらえますし
レビューなどで良い評判になります。
友達に紹介してくれるかもしれません。

ですので、最終的には大きな収入に繋がるのです。

ということで、アプリで稼ぐ方法を簡単にご紹介しました。

いずれにしても、
みんながやっている方法(アフィリエイトなど)を同じようにやるよりも、
みんながやっていない方法で勝負したほうが有利に稼ぐことが出来ます。

それではまた!

この記事はあなたのお役に立てましたか?

この記事が少しでもあなたのお役に立てましたら、
ブログランキングへ応援ボタンのクリックして頂けると嬉しいです。


※クリックすると現在の順位が表示されます。

他の人にも参考になると感じて頂けたら以下のボタンで是非シェアして下さい!
このエントリーをはてなブックマークに追加

無料メルマガはこちら


・Webプログラマーとして仕事に就きたい人
・アプリやツールを作って稼ぎたい人
・在宅で楽しく自由に仕事がしたい人
・ネットで起業したい人
・自分のWebサービスを立ち上げたい人
・サラリーマンプログラマーから脱却したい人
・アイデアはあるけど自分で作れない人
・デザインは得意だけど、さらにプログラミングを身につけたい人

まずは無料メルマガを読んでみて下さい。
きっと世界が変わります。

メールアドレス(必須)
名前(姓)(必須)

各種ブックマークはこちら

コメントを残す