オートレイアウトで警告が表示される原因と対処方法

ストーリーボードでレイアウトを組んでいると
警告が発生することがあります。

発生している警告にはいくつかの種類がありますが、
主なものはそれぞれ以下のような意味になります。

【Ambiguous Layout(曖昧なレイアウト設定)】

 [原因]
 対象パーツの縦位置または横位置の指定が不十分。

 [修正方法]
 不足している指定を追加します。

【Misplaced View(表示が置き換わる)】

 [原因]
 ストーリーボードでの表示と実機での表示が異なる。

 [修正方法]
 画面フレームを選択して、Pinの右隣にある「Resolve Auto Layout Issues」から
 以下のいずれかを実行します。

 Update Frames:現在のレイアウト設定に画面表示を合わせる
 Update Constraints:現在の画面表示にレイアウト設定を合わせる

【Unsupported Configuration(conflicting constraints)】

 [原因]
 2つ以上のレイアウト設定が競合している。

 [修正方法]
 競合しているConstraintを削除します。

以上をご参考に調整してみて下さい。

この記事はあなたのお役に立てましたか?

この記事が少しでもあなたのお役に立てましたら、
ブログランキングへ応援ボタンのクリックして頂けると嬉しいです。


※クリックすると現在の順位が表示されます。

他の人にも参考になると感じて頂けたら以下のボタンで是非シェアして下さい!
このエントリーをはてなブックマークに追加

無料メルマガはこちら


・Webプログラマーとして仕事に就きたい人
・アプリやツールを作って稼ぎたい人
・在宅で楽しく自由に仕事がしたい人
・ネットで起業したい人
・自分のWebサービスを立ち上げたい人
・サラリーマンプログラマーから脱却したい人
・アイデアはあるけど自分で作れない人
・デザインは得意だけど、さらにプログラミングを身につけたい人

まずは無料メルマガを読んでみて下さい。
きっと世界が変わります。

メールアドレス(必須)
名前(姓)(必須)

各種ブックマークはこちら

コメントを残す