XCodeで実行時のレイアウトをプレビューする方法

XCode6になってからオートレイアウトを使ったレイアウト設計が基本となりましたが、
なかなか癖があり思ったようにレイアウト出来ないことがありますね。

ストーリーボード上では上手くレイアウトされているように見えても、
シミュレーターで実行すると配置がずれてしまったりします。

しかもシミュレーターでの実行には多少時間が掛かりますので
レイアウト確認のために何度も実行していては時間ばかりを食ってしまいます。

そこで、実行しなくてもXCode上で実行時のレイアウトを
プレビュー出来る方法をご紹介します。

この方法を使えば、レイアウト調整の効率がぐんとアップしますので是非お試し下さい。

1.まずストーリーボードを表示し、右上のShow the Assistant Editorをクリックします。
image01

2.右側にもう1つ画面が追加されますので、上部にあるアイコンをクリックし
image02

3.表示されるメニューの「Manual」という部分をクリックします。
image03

4.もう一度同じメニューを表示し「Preview」という部分をクリックします。
image04

5.右側の画面に実行時のプレビューが表示されます。
下部にある+ボタンを押すことでプレビューを確認するデバイスを追加することが出来ます。
image05

プレビューを確認しながらレイアウトを調整していくことで
効率的に作業が行えますので是非活用してみて下さい。

この記事はあなたのお役に立てましたか?

この記事が少しでもあなたのお役に立てましたら、
ブログランキングへ応援ボタンのクリックして頂けると嬉しいです。


※クリックすると現在の順位が表示されます。

他の人にも参考になると感じて頂けたら以下のボタンで是非シェアして下さい!
このエントリーをはてなブックマークに追加

無料メルマガはこちら


・Webプログラマーとして仕事に就きたい人
・アプリやツールを作って稼ぎたい人
・在宅で楽しく自由に仕事がしたい人
・ネットで起業したい人
・自分のWebサービスを立ち上げたい人
・サラリーマンプログラマーから脱却したい人
・アイデアはあるけど自分で作れない人
・デザインは得意だけど、さらにプログラミングを身につけたい人

まずは無料メルマガを読んでみて下さい。
きっと世界が変わります。

メールアドレス(必須)
名前(姓)(必須)

各種ブックマークはこちら

コメントを残す