アイフォンアプリの作り方まとめ

こんにちは、ハルジオンです。

アイフォンアプリ(iPhoneアプリ)の作り方について
簡単にまとめておきます。

1.下準備

 アプリの開発には以下のものが必要なので揃えます。
  ・Mac
  ・AppleDeveloperライセンス(年間¥11,800:税別)

2.アプリの企画

 どんなアプリを作るか妄想を膨らませます。

 スケッチブックなどに、アプリのイメージを
 適当に書いていきます。

3.画面の作成

 アプリの開発に使うのはXCodeというソフト。
 これは無料で手に入ります。

 このXCodeを起動し、StoryBoardという機能で
 アプリの画面を作っていきます。

 画面上でパーツをドラッグ&ドロップして設置したり
 大きさを整えたり、色をつけたり。

 まるでゲームをしているかのような作業です。

4.機能のプログラミング

 Objective-Cというプログラミング言語で
 機能をプログラミングしていきます。

 シンプルなアプリであれば、
 プログラミングはたった数行、なんてこともあります。

5.動作テスト

 XCodeに付属しているiPhoneシミュレーターというソフト上で
 アプリの動作をチェックします。

 Macの画面上で仮想のiPhoneが起動します。

6.実機テスト

 実際のiPhoneにアプリをインストールし、動作テストします。
 ここが第1の感動ポイントです。

7.Appleに審査依頼

 作ったアプリをオンラインでAppleに送り、審査を依頼します。

8.AppStoreにてリリース

 無事、審査に合格すると
 AppStoreにて全世界に向け、リリースされます。

 審査に不合格の場合は、その理由が通知されるので
 改善して再提出します。

iPhoneアプリ開発はこんな感じで進めていきます。

iphoneアプリ開発講座では、
知識ゼロの初心者向けに、上記の流れを一緒に体験してもらいます。

iphoneアプリ開発講座へのご参加はこちら
http://xn--iphone-uo4e6oqfp797b208bwzvcom2a.com/lp/

それではまた!

この記事はあなたのお役に立てましたか?

この記事が少しでもあなたのお役に立てましたら、
ブログランキングへ応援ボタンのクリックして頂けると嬉しいです。


※クリックすると現在の順位が表示されます。

他の人にも参考になると感じて頂けたら以下のボタンで是非シェアして下さい!
このエントリーをはてなブックマークに追加

無料メルマガはこちら


・Webプログラマーとして仕事に就きたい人
・アプリやツールを作って稼ぎたい人
・在宅で楽しく自由に仕事がしたい人
・ネットで起業したい人
・自分のWebサービスを立ち上げたい人
・サラリーマンプログラマーから脱却したい人
・アイデアはあるけど自分で作れない人
・デザインは得意だけど、さらにプログラミングを身につけたい人

まずは無料メルマガを読んでみて下さい。
きっと世界が変わります。

メールアドレス(必須)
名前(姓)(必須)

各種ブックマークはこちら

コメントを残す