WindowsでiPhoneアプリ開発を行う方法(Flash Builderを使う)

こんにちは、ハルジオンです。

iPhoneアプリ開発って、実は思ったよりも簡単に行えるのですが
多くの人が参入していない理由は何でしょうか?

大きな要因。
それは「開発にMacが必要なこと」。

僕の周りにいるプロのプログラマー達も
「iPhoneアプリは作ってみたいんだけど、Macがないからねぇ」
などと言っています。

まぁ、Macといっても安いものなら4,5万で最新型が買えるのですが。

それでもやはり普段使い慣れているWindows以外の
PCを新たに買おうとなると、なかなか踏み出せないですよね。

iPhoneアプリ開発を行うためには、Macは必須なのでしょうか?

残念ながら、その答えは「Yes」です。

iPhoneアプリ開発を行うためには
IntelのCPUが搭載されているMacが必要です。
アプリ開発に使うXCodeというソフトウェアが
そもそもMacじゃないと動かないのです。

一応、WindowsでもiPhoneアプリ開発が
行える方法もいくつかあるのですが。

例えば、アドビから発売されている
「Adobe Flash Builder」(フラッシュビルダー)。

Flash Builder Premium 4.6 MLP 日本語 通常版
(現在は販売終了となっています)

このソフトはFlashを作成するためのソフトなのですが、
それをiPhoneアプリとして書き出すことも出来るのです。

Flashで作れるようなゲームなどのアプリなら
作ることが可能かもしれませんね。

しかし、iPhone特有の機能(電話や連絡帳とか、GPSとか)を
使おうとすると制限が出てきます。
というか、ほとんど使えません。

また、iOSのアップデートにスピーディに対応することは出来ませんし
今後のiOS次第では、使えるかどうかも定かではありません。

もっとも、FlashBuilderのソフトを購入するお金があれば
Mac買えちゃいますしね。

ということで、iPhoneアプリ開発を行うなら
今後のことも考えて、無難にMacを購入するのが一番ですよ。

それではまた!

この記事はあなたのお役に立てましたか?

この記事が少しでもあなたのお役に立てましたら、
ブログランキングへ応援ボタンのクリックして頂けると嬉しいです。


※クリックすると現在の順位が表示されます。

他の人にも参考になると感じて頂けたら以下のボタンで是非シェアして下さい!
このエントリーをはてなブックマークに追加

無料メルマガはこちら


・Webプログラマーとして仕事に就きたい人
・アプリやツールを作って稼ぎたい人
・在宅で楽しく自由に仕事がしたい人
・ネットで起業したい人
・自分のWebサービスを立ち上げたい人
・サラリーマンプログラマーから脱却したい人
・アイデアはあるけど自分で作れない人
・デザインは得意だけど、さらにプログラミングを身につけたい人

まずは無料メルマガを読んでみて下さい。
きっと世界が変わります。

メールアドレス(必須)
名前(姓)(必須)

各種ブックマークはこちら

コメントを残す