XCodeとは?|iphoneアプリ開発環境の解説

こんにちは、ハルジオンです。

iPhoneアプリ開発を行う上で必要になるソフト「XCode」。

このXCodeというのは、統合開発環境(IDE)と総称されるものの1つで
アプリの画面を作ったり、ソースコードを記述したり、
シミュレーターで実行したり、デバッグしたり、といったことが
ひとまとめに行えます。

昔は、アプリを作るとなると
それぞれにソフトが必要でした。

ソースコードを記述する「エディタ」

実行する「シミュレータ」

デバッグする「デバッガ」

といった具合です。

XCodeを始めとするIDEではこれを一元的に行うことが出来ます。
そのため「統合開発環境」と呼ばれているのですね。

XCode以外に有名なIDEとしては
「Eclipse(エクリプス)」がありますね。

iPhone/iPadアプリの開発は、
このXCodeを使って行っていくわけです。

それではまた!

この記事はあなたのお役に立てましたか?

この記事が少しでもあなたのお役に立てましたら、
ブログランキングへ応援ボタンのクリックして頂けると嬉しいです。


※クリックすると現在の順位が表示されます。

他の人にも参考になると感じて頂けたら以下のボタンで是非シェアして下さい!
このエントリーをはてなブックマークに追加

無料メルマガはこちら


・Webプログラマーとして仕事に就きたい人
・アプリやツールを作って稼ぎたい人
・在宅で楽しく自由に仕事がしたい人
・ネットで起業したい人
・自分のWebサービスを立ち上げたい人
・サラリーマンプログラマーから脱却したい人
・アイデアはあるけど自分で作れない人
・デザインは得意だけど、さらにプログラミングを身につけたい人

まずは無料メルマガを読んでみて下さい。
きっと世界が変わります。

メールアドレス(必須)
名前(姓)(必須)

各種ブックマークはこちら

コメントを残す