こんにちは、ハルジオンです。

iPhoneアプリは、1秒間に800回のペースで
ダウンロードされています。

日本ではSoftbankに続き、auもiPhone/iPadを取り扱い、
ますますユーザは増え続けています。

そんなiPhoneアプリ市場ですが、
開発者側はまだまだ少ない状況です。

ですので、今iPhoneアプリを作っている企業、個人は
1人勝ち状態です。いわゆるブルーオーシャンですね。

個人として、これからの将来の武器になるスキル
という意味でもアプリ開発スキルはとても魅力的です。

例えば、本業以外の収入を得ようとするとして
今であれば何を行うのが有利でしょうか。

アフィリエイト?

これも、やりようによっては将来性がありますが
参入している人は学生から主婦まで含め、かなり多いです。
参入の敷居が低い分、ライバルも多いのです。

毎日、ブログやメルマガを書いて
商品を紹介し続ける必要があり、収入の安定化には時間が掛かります。

オークション転売やせどりも同様。

収益は比較的簡単に出せますが、
常に自分が労働し続けなければ、収益は発生しません。

その点、アプリの利点は
「1度作ってしまえば、複製できる」ことです。

1度作ったアプリをAppStoreに出品しておけば、
あとはほったらかしでダウンロードされたり、広告がクリックされる。

これは非常に大きな差だと思います。

同じ労力を掛けるなら、
後々楽になることに、今の労力を使いたいですね。

それではまた。