(質問)
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
iPhoneアプリ開発を行いたいのですが、初心者なのでMacのどの機種を
買えばよいか分かりません。そういったことも教えていただけるのでしょうか?
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

アプリ開発を行う上で必要となる、iPhoneやMacの機種については
購入されようとしている機種を教えて頂ければ、
それで問題無いかどうかアドバイスさせて頂くことは可能です。

Macは古い機種だと、アプリ開発が行えない場合もありますので購入前にご相談下さい。

こんにちは、ハルジオンです。

iphoneアプリを自分でも作ってみたい!
作れるようになりたい!

そう思ったとき、何から始めれば良いのでしょうか?

方法はいくつかあります。

【方法1】本屋に行く

本屋さんに行けば、iPhoneアプリ入門書籍が
数種類見つかると思います。

Amazonなら数十種類はありますね。

そこから簡単そうな書籍をいくつか見つける。
投資金額は数千円。

そして、本の第1章から読み進めていき
サンプルプログラムが出てきたら実際に打ち込んでみる。

途中でくじけなければ、本を読み終わる頃、
あなたのMacには数種類のサンプルアプリが出来ていることでしょう。

しかし、どの書籍も(書籍である以上)
あなたのペースには合わせてくれません。
理解していようがしていまいが、ただ書いてあるだけです。

あなたがとても努力家で、
読了したとして、それらのサンプルを元に次は自分のアプリを作れるでしょうか?

当然、サンプルのままでは
AppStoreにリリースすることは出来ません。

【方法2】ネットに落ちている無料の情報(ブログや動画など)で学ぶ

この方法はさらに難易度が高いです。

なぜなら、学び方が体系化されていないからです。

例えば、「XCodeのインストール方法」とか
「UILabelの文字設定方法」など
ピンポイントの情報は検索すればいくらでも見つかります。

しかし、知識ゼロの状態からスキルを身につけるには、

まず何を学び、それが出来たら何を実践していくか。

そういったスキルアップの「道筋」が必要です。

書籍であれば、ある程度作者が道筋を作っていますが
ネットから学ぶ場合は、道筋は自分で考えていかなくてはなりません。

【方法3】専門学校やスクールに通う

スキルアップの道筋という意味では
非常に考えられていると思います。

先生の教えるとおりに、進めていけば
知識ゼロからでもスキルが身についていきます。

しかも、自分のペースに合わせてフォローもしてくれます。

しかしこの方法の問題点は
通わなくてはいけないこと(時間が制約されること)と
費用が高いこと(数十万円)です。

【方法4】

ということで、オススメなのが僕のこちらの講座。

オンラインで学べるiPhoneアプリ開発講座
http://xn--iphone-uo4e6oqfp797b208bwzvcom2a.com/lp/

「知識ゼロからiPhoneアプリをリリースする」

という目的にターゲットを絞り、
上記の方法の「良いとこ取り」をした講座です。

知識ゼロから自分のiPhoneアプリをリリースするなら
間違いなく最速だと思います。

入門書籍でくじけてしまった方、
スクールに通いたいけど時間やお金が厳しい方、
でも、本気でiPhoneアプリ開発をやってみたい方に
是非オススメです。

それではまた!

こんにちは、ハルジオンです。

僕は普段は、Webアプリケーションの開発方法を
教える仕事をしているのですが、
生徒さんから要望が多くあったため、
iPhoneアプリの開発講座も行うことになりました。

詳細は以下をご参照下さい。
http://xn--iphone-uo4e6oqfp797b208bwzvcom2a.com/lp/

こちらの講座は、

知識ゼロの状態
  ↓
AppStoreで実際に自分のアプリをリリース

といったところまで一通りレクチャーしながら
サポートしていきます。

iPhoneアプリ市場は
まだまだブルーオーシャンです。

アイデア次第で、アプリ億万長者が
どんどん生まれています。

iPhoneアプリ開発を
この機会に身につけておきたい!
という方は是非ご参加お待ちしています^^

iPhoneアプリ開発講座
http://xn--iphone-uo4e6oqfp797b208bwzvcom2a.com/lp/

それではまた!

こんにちは、ハルジオンです。

スマートフォンが登場して数年が経ちました。

iPhoneアプリの販売サイトである「AppStore」では
アプリの累計ダウンロード数が500億回を越えたそうです。

1秒間に800回ダウンロードされているペースだとか。
すごいですね。

確かにアプリは面白いです。
スマホがあればいくらでも暇つぶし出来ますね。

そんな感じで、AppStoreには全世界から
日々多くのユーザが訪れています。

では、アプリの開発側はというと
実はまだまだ参入者は少ないんです。

アプリの数はどんどん増えてはいますが
同じ人が何本もリリースしていたりするので
まだまだブルーオーシャンです。

なぜかと言うと、

その理由の一つは、やはり
Macが必要なことじゃないかなと思います。

プログラマーってWindows畑の人がほとんどなので、
僕の周りにいるプログラマー達も
「iPhoneアプリは作ってみたいけど、
 Macを買ってまではチョット・・・」とか言っています。

こんな状態なので、
むしろ初心者の人のほうが参入者が多いくらいです。

でも、初心者の場合は意欲はあっても
途中で挫折してしまって、アプリのリリースまで
行き着かない、というケースも多いです。

iPhoneアプリの勉強をしている人は多くいますが、
実際に1本でもリリースしている人は
その中のほんの数%とのこと。

だからその数%に入れれば
今からでも全然遅くないんです。

チャンスはまだまだありますよ!

じゃあ、いつやるの??

「今でしょ!」(古っ!)

それでまた!(笑)

こんにちは、ハルジオンです。

初心者が最初に作るべきiPhoneアプリって何がよいのでしょうか。

自分が欲しいアプリ、作りたいアプリを作るのが1番ですが
あまり高機能なものだと、初めてでは敷居が高いです。

ですので、シンプルかつ、オリジナリティがあるものが良いでしょう。

例えばこんな感じです。

カルトムッタ
https://itunes.apple.com/jp/app/id590342825

これは、某人気漫画のクイズアプリです。
結構カルトな問題を揃えており
ファンの間で人気になっています。

このアプリは、問題が出題され
回答を4つの選択肢から選択するだけ。

そして、最終的に正解数をカウントして表示する。

基本的にはそれだけのアプリです。

とてもシンプルですよね。
しかし、ユーザにはうけます。

そして、問題とテーマを変えれば
いくらでもオリジナルのアプリが作れますね。

このように、シンプルでも
オリジナリティの出しやすいアプリが良いです。

このようなアプリを最初は作ってみましょう。

ちなみに、iPhoneアプリ開発講座では
こういったアプリを題材に教えていきます。

興味があれば、是非ご参加下さい。

それではまた!

こんにちは、ハルジオンです。

アプリ制作は初心者には難しいと思われているようですが
そんなこと全然ないですよ。

まったくの知識ゼロの初心者が
アプリ制作を覚える最速の方法ってご存知ですか?

僕自身も、書籍を買ってきたり、ネットで学んだり
スクールに通ったり、色々な方法を経験しました。

その経験から得たの答えは、

「まず作ってみる」

です。

これが、1番覚えが早いし
何より楽しいのでモチベーションが持続します。
多くの生徒で実証済みなので間違いありません。

ですから、僕の教えるiPhoneアプリ講座では

初めからif文とか、変数とか
難しいことは説明しません。

それよりも、まるでプラモデルを作っているかのごとく
iPhoneアプリを実際に作っていきます。
(もちろん、進める上で必要な知識はその都度レクチャーします)

そして、実際にいきなりiPhoneアプリをリリースしてしまうのです。

自分の作ったiPhoneアプリがAppStoreで全世界に配信される。
それを見ると、

「もっとこうしたい」
「こういう機能を付けたい」

そんな願望もふつふつと芽生えてきます。

細かい知識なんて、それからで十分間に合います。

僕の講座はこんな感じで進めています。

きっと楽しいですよ^^

それではまた。

こんにちは、ハルジオンです。

多くのご要望にお応えし、
「iPhoneアプリ開発講座」をリリースしました。

僕は常々、初心者の方がアプリ開発スキルを身につけるためには
どのような方法が最適で最速か、ということを考えていました。

以前、プログラマーとして働いていた職場では
新人プログラマーの教育を担当していたことから、
「より早く、一人前のスキルに到達するにはどういったことを
 教えていけばよいか」
ということを肌で実感していました。

そういった経験を踏まえ、
知識ゼロの状態から、自分のiPhoneアプリをリリースできるようになるまで
1からレクチャーしていくオンライン講座を開講しました。

それが、【ハルジオン式】iPhoneアプリ開発講座です。

自宅でカリキュラムに沿って1日1ステップずつ進めていくだけで、
2週間後には自分のiPhoneアプリがリリースできるレベルになります。

詳細はこちらをご参照下さい。
http://xn--iphone-uo4e6oqfp797b208bwzvcom2a.com/lp/

それではまた!

こんにちは、ハルジオンです。

僕のiPhoneアプリ開発講座の受講者には
初心者の方が多いのですが、

そういった方々の意見を聞いていると
「初心者こそ、アプリ開発に向いているなぁ」
と思うことが良くあります。

それはなぜかと言うと、

アイデアが斬新なのです。

いつも言っていますが、アプリ開発って
それほど高機能なことをやらない限りは
実はたいして難しくないのです。

テンプレートや、サンプルプログラム、
過去のソースコードなどを上手く組み合わせれば
大体のアプリは作れてしまいます。

それほど簡単に作れるとなると
差別化されてくるのは、やはり「アイデア」です。

実際、ユーザーは高機能だからどう
と言うことはありません。

そのアプリは便利なのか、面白いのか、
そういったことが重要なのです。

しかし、プログラマーを長くやっていると
「ここの機能は・・・」「この処理は・・・」といった
どうしても「作り手」側の意識が強くなってしまいます。

そういった意味で、初心者の方は
「使い手側(ユーザー側)」の意識が強いです。

これは非常に武器になります。

自分が使いたいアプリ。
あると便利だと思うアプリ。
友達にプレゼントしたいアプリ。

そういった意識で作られたアプリこそ、
多くのユーザーに使ってもらえるアプリになるんですよね。

iPhoneアプリ開発については、
初心者であることは「武器」です。
自信を持っていきましょう!

それではまた。