iPhoneアプリ開発講座に興味があります。
講座ではどの程度の知識が身につくのでしょうか。
最終のApp Storeへの申請や合格までの一連の手順は教えてもらえるのでしょうか。

このような質問を頂いたので、以下に回答をシェアします。
ご参考にどうぞ。

[ハルジオンからの回答]

こんにちは、ハルジオンです。
ご質問頂きありがとうございます。

iPhoneアプリ開発講座については、
こちらで用意したサンプルアプリ(クイズアプリです)を
ベースにしたオリジナルアプリを作り、
実際にApp Storeにリリースするところまでサポートします。

アプリへの広告の設置方法も説明しますので
一連の流れを一通り経験することが出来ます。

講座の特徴は、この
「一連の流れを体験すること」に
主眼を置いている点です。

プログラミングの文法や、様々なサンプルプログラムの作り方は
書籍やインターネットでいくらでも学ぶことが出来ます。
一度、流れを経験すればそういった学習もしやすくなります。

一連の流れを体験することにご興味があれば
是非ご参加をお待ちしております。

PS.
なお、僕のほうでは以下の2つの講座を扱っています。
上記についてへiPhoneアプリ開発講座の方ですので
お間違いないようお願いいたします。

・iPhoneアプリ開発講座
 http://xn--iphone-uo4e6oqfp797b208bwzvcom2a.com/lp/

・Webプログラマー養成講座
 http://website-planner.com/lp/

それではまた!

こんにちは、ハルジオンです。

iPhoneアプリ開発講座では、
登録後、早速メールセミナーをスタートしていきます。

まだMacを持っていない場合は、Macの選び方からレクチャーします。

その後は開発環境のセットアップ、アプリの開発と
毎回課題を提示して、それをクリアしてもらいながらゲーム感覚で進めていきます。

早ければ2週間程度で、
実際にAppStoreで自分のアプリがリリースされるまでいけるでしょう。

自分のiPhoneアプリが全世界に向けてリリースされる。
想像してみて下さい。

ワクワクしませんか!?

この経験は、書籍やスクールで得られる知識よりも
はるかに価値のある「経験」です。

自分の人生への先行投資。
是非、この機会を利用して下さい。

それではまた!

こんにちは、ハルジオンです。

自分で作成したiPhoneアプリは
AppStoreというサイトで販売されます。

逆に言うと、iPhone/iPadアプリは
AppStore以外では販売できないのです。

ですので、必ずAppleの審査を通す必要があります。

昔のiアプリのように、いわゆる「勝手アプリ」は
不可能ということですね。

だからこそアプリ全体の品質が守られているということですが、
それが障壁の1つにもなっているのだと思います。

Appleから審査NGの通達が来ると
結構ヘコみますので^^;

まぁでも、指摘された点を解消すれば
必ず審査にも通るので、諦めないようにしましょうね。

それではまた。