こんにちは、ハルジオンです。

iPhoneアプリを作る際に使うプログラミング言語が
「Objective-C」です。

オブジェクティブ シー と読みます。

「C」と名前についている通り
C言語の一種です。

Objective-Cでは、ヘッダーファイル(拡張子が.h)と
メインファイル(拡張子が.m)の2組で構成されます。

ヘッダーファイルには、そのソースファイルの説明部分(定義と言います)
メインファイルには、具体的な処理部分(実装と言います)

を書いていく方式です。

プログラミング言語というのは、方言のようなもので
それぞれの派生ごとにクセがあります。

でも、プログラミングの基本的な考え方は
どの言語でもあまり変わらないので
1つ覚えてしまえば、他の言語もスムーズに覚えていくことが出来るのです。

それではまた!